Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SNS関連の脅威が増大、43%がフィッシング被害 - ソフォスレポート

ソフォスは、2010年のセキュリティ脅威や2011年の予測を取りまとめた。SNSに関する脅威の増加が目立っており、最大の脅威として2010年9月にTwitter上でまん延したワームを挙げている。

同社では今回のレポートをまとめるにあたり、SNSユーザーに対しセキュリティ脅威に関するアンケートを実施。1273人より回答を得た。

結果によると、回答者の40%がSNS経由でマルウェアなどを送られていたほか、67%がスパムを受信していた。また43%がフィッシング攻撃を受けており、2009年以降約2倍に増加したという。

回答者の82%は、最大のセキュリティリスクを「Facebook」と回答しているが、同社では2009年9月にTwitter上でまん延したワーム「onMouseOver」を、最大のセキュリティ事件と位置づけている。

(Security NEXT - 2011/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年度のセキュリティ市場は1兆1260億円 - 前年度比392億円増
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
国内サイバー保険市場、今後5年で3.5倍予測
2018年の国内セキュリティソフト市場、前年比3%増見込み
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
国内特権ID管理製品市場、前年度比10%増
国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働