Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SNS関連の脅威が増大、43%がフィッシング被害 - ソフォスレポート

ソフォスは、2010年のセキュリティ脅威や2011年の予測を取りまとめた。SNSに関する脅威の増加が目立っており、最大の脅威として2010年9月にTwitter上でまん延したワームを挙げている。

同社では今回のレポートをまとめるにあたり、SNSユーザーに対しセキュリティ脅威に関するアンケートを実施。1273人より回答を得た。

結果によると、回答者の40%がSNS経由でマルウェアなどを送られていたほか、67%がスパムを受信していた。また43%がフィッシング攻撃を受けており、2009年以降約2倍に増加したという。

回答者の82%は、最大のセキュリティリスクを「Facebook」と回答しているが、同社では2009年9月にTwitter上でまん延したワーム「onMouseOver」を、最大のセキュリティ事件と位置づけている。

(Security NEXT - 2011/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
2016年の国内ITインフラサービス市場は2兆4913億円 - セキュリティ分野は前年比4.8%
2016年の国内IoTセキュリティ製品市場は518億円 - 前年比27.5%増
クラウド環境向けセキュリティ製品、2021年までの年間平均成長率は20.9% - IDC予測
標的型攻撃対策市場の市場規模は120億円 - 前年比42.6%増
2016年のモバイルセキュリティ市場は65億円 - 5年後には2倍に
2016年度のSaaS型認証管理サービス市場、前年比3割増
2016年度の標的型攻撃対策支援サービス市場は95億円 - 前年度比2割増
2016年度の振る舞い検知サービス市場は59億円 - 2021年度は145億円に