Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mac狙いの攻撃が増加、iPhone利用時も個人情報入力に注意 - McAfeeがアドバイス

米McAfeeは、スマートフォンやタブレットPCなどの利用が増えているとして、被害に遭う前にセキュリティ対策を実施するよう呼びかけている。

Appleの「iPhone」「iPad」の利用については、個人情報を提供する際に注意を払う必要があると指摘。アプリ利用時にはプライバシーポリシーを必ず確認し、個人情報を共有しないことが必要だという。

また人気端末のため、物理的な盗難に対して注意を払うことや、データの同期やバックアップ、セキュリティツールが利用できるとして、同社サービス「MobileMe」を紹介している。

同じくAppleが提供するMac OS Xのプラットフォームについては、2011年にはボットやトロイの木馬など攻撃が増加すると予測。セキュリティ対策ソフトの導入を呼びかけた。

(Security NEXT - 2011/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位
KDL、医療分野に特化したハッキングコンテストを開催
リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に
国内7%がID窃取被害を経験 - 端末の紛失は9%
電子レシート活用実験、3人に2人がポイント対価に個人情報を提供
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害