Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童の個人情報含む資料が入ったUSBメモリを紛失 - 大阪の小学校

大阪市立榎本小学校の教諭が、児童の個人情報含む学内資料などを保存したUSBメモリを紛失していたことがわかった。

紛失したUSBメモリには、集団登校時の班長および1年生の氏名や集合場所など集団登校関係資料のほか、担当学級の給食当番や掃除当番の氏名など個人情報が保存されていた。

このほか担当学級児童40人のテスト結果なども記録されていたが、出席番号のみで氏名は含まれない。

12月13日に同教諭がメモリを服のポケットに入れたまま授業を実施したところ、紛失したもの。授業の途中で紛失に気付いたが、机にしまったと思い込みそのまま授業を続け、その後探索するも発見できず、学校へ報告したという。

同校では家庭訪問を行い、対象となる児童および保護者に謝罪した。また、全保護者を対象とした説明会を開くなどの対応を行うとしている。

(Security NEXT - 2010/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

健診データ含むUSBメモリが所在不明 - うつのみや病院
医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪南大
生徒の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 一戸町
中学校で個人情報入りUSBメモリを紛失、住民の拾得で判明 - 千葉市
USBメモリを紛失、農業団体の名簿など含む可能性 - 川崎市
所在不明だった受託USBメモリを回収して返却 - 印刷事業者
患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院
教員採用試験の問題案含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
顧客情報含むUSBメモリを電車内に置き忘れ - 銀座十字屋