Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

簡易郵便局のジャーナル盗難、防犯ビデオも被害

兵庫県小野樫山簡易郵便局で紙幣硬貨入出金機や窓口端末が盗まれた事件で、防犯カメラのビデオテープ1本についても盗難に遭っていたことがわかった。

問題の事件は、11月25日17時30分から翌26日8時20分までの間に何者かが侵入し、現金が入っていた入出金装置と窓口端末機が盗難被害に遭ったもの。顧客情報約6万6200件が記録されたDVDジャーナルが端末機とともに盗まれた。

持ち去られたビデオテープには、2010年3月1日から同年3月23日、および2010年11月24日から翌25日までに窓口へ訪れた顧客約1600人分の映像が保存されていた。今回の盗難に関連する個人情報の外部流出や要求などは発生していないという。

(Security NEXT - 2010/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

音楽教室生徒の個人情報が盗難被害 - 河合楽器
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
路上で顧客情報が鞄ごと盗難 - 日神不動産