Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linuxのファイルアクセスログ取得に対応した「ALog ConVerter」最新版

網屋は、Linux対応など新機能を追加したアクセスログ監査ツールの最新版「ALog ConVerter V4.5」を発売した。

同製品は、エージェント不要のサーバアクセスログ監査ツール。クライアントPCからのファイルアクセスやログオンなどの操作ログを取得し圧縮管理するほか、高速検索やレポートの自動作成機能も備える。

最新版では、Linuxサーバのファイルアクセスログ取得に対応。Linuxの監査ログ出力用のデーモンを分析変換することにより、ファイルアクセスに関するログやコマンドの実行ログを取得できる。

このほか、管理者のアクセス権変更履歴を取得する新機能を追加した。価格は、5サーバライセンス102万9000円。

(Security NEXT - 2010/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA