Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linuxのファイルアクセスログ取得に対応した「ALog ConVerter」最新版

網屋は、Linux対応など新機能を追加したアクセスログ監査ツールの最新版「ALog ConVerter V4.5」を発売した。

同製品は、エージェント不要のサーバアクセスログ監査ツール。クライアントPCからのファイルアクセスやログオンなどの操作ログを取得し圧縮管理するほか、高速検索やレポートの自動作成機能も備える。

最新版では、Linuxサーバのファイルアクセスログ取得に対応。Linuxの監査ログ出力用のデーモンを分析変換することにより、ファイルアクセスに関するログやコマンドの実行ログを取得できる。

このほか、管理者のアクセス権変更履歴を取得する新機能を追加した。価格は、5サーバライセンス102万9000円。

(Security NEXT - 2010/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム
Cylance製品向けの運用監視サービス - テクマトリックス
WAFの導入や運用を支援するサービス - JP-Secure
NTTコム、セキュリティ強化した翻訳サービス - 専有環境で処理、辞書など暗号化
攻撃の対処要否を自動判断するための学習データ生成技術を開発 - 富士通研