Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年末年始は詐欺多発の季節、「破格値」や「なりすまし」にご用心 - マカフィー

マカフィーは、年末年始にインターネット上の詐欺行為が増加する傾向があるとして、注意すべき事例を挙げ、注意を呼びかけている。

人気を得ているAppleの端末「iPad」を無料で配るなどと誘導し、個人情報を騙し取る手口は、すでに複数の犯行が明らかになっているが、これ以外にも「オンラインギフトカード」を提供するなどと騙し、クレジットカード情報や携帯電話番号の窃取する詐欺があるという。

魅力的な低価格でユーザーを誘導するショッピングサイトや、旅行シーズンにあわせ、ホテルサイトへなりすましたり、チャリティサイトに見せかけて個人情報を取得するケースがあると同社は指摘している。

不景気にも便乗しており、クレジットカードやローン時の信用審査を早めるなどとして金銭をだまし取ったり、高給の在宅ワークがあるなどとして、個人情報を取得するなど卑劣な攻撃も後を絶たない。

(Security NEXT - 2010/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
ネット詐欺などの注意喚起情報でまとめページ - 消費者庁
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導
正規やりとりに割り込むBEC - 盗聴により絶妙タイミングで振込先変更依頼