Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年末年始は詐欺多発の季節、「破格値」や「なりすまし」にご用心 - マカフィー

マカフィーは、年末年始にインターネット上の詐欺行為が増加する傾向があるとして、注意すべき事例を挙げ、注意を呼びかけている。

人気を得ているAppleの端末「iPad」を無料で配るなどと誘導し、個人情報を騙し取る手口は、すでに複数の犯行が明らかになっているが、これ以外にも「オンラインギフトカード」を提供するなどと騙し、クレジットカード情報や携帯電話番号の窃取する詐欺があるという。

魅力的な低価格でユーザーを誘導するショッピングサイトや、旅行シーズンにあわせ、ホテルサイトへなりすましたり、チャリティサイトに見せかけて個人情報を取得するケースがあると同社は指摘している。

不景気にも便乗しており、クレジットカードやローン時の信用審査を早めるなどとして金銭をだまし取ったり、高給の在宅ワークがあるなどとして、個人情報を取得するなど卑劣な攻撃も後を絶たない。

(Security NEXT - 2010/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Emotet」がセクストーションまがいの詐欺メール - 高い成功率
「Emotet」など複数マルウェア、新型コロナ拡大に便乗 - フィッシングも
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
ネット広告詐欺の損害を補償する保険
「Emotet」の脅威(1) - 組織やビジネスへの影響を考える