Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年末年始は詐欺多発の季節、「破格値」や「なりすまし」にご用心 - マカフィー

災難に遭って旅行先から帰宅できない友人になりすまして送金を求めるなど振り込め詐欺のような手口や、携帯電話のショートメッセージサービスを利用したフィッシングの発生についても同社では予測している。

さらに個人情報の取得だけでなく、グリーティングカードを利用してウイルスを感染させる行為や、動画や着信メロディ、フリーウェアなどに見せかけたウイルスの配信、無料の公衆無線LAN経由の不正アクセスなども手口として紹介している。

同社は、安全性を確認できるサイトの利用し、不審なメールなどへ反応しないよう注意を喚起するとともに、安全な無線LANネットワークの利用を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Twitterアカウント狙うフィッシング攻撃が増加 - 「Twitter Blue」に便乗
サイトが改ざん被害、送受信メールも流出の可能性 - システム開発会社
9月のフィッシングサイト、銀行関連が急増 - クレカ系は割合減
3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減
IPA、教則本「情報セキュリティ読本」を4年ぶりに改訂
YouTubeから誘導、ライブ配信サービス装う詐欺サイトに警戒を
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意
フィッシングサイトの8割強がクレカブランドを標的に
フィ対協、フィッシング対策セミナーを11月にオンラインで開催