Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

遠鉄百貨店のネットショップから顧客情報7558件が流出 - カード情報約3018件も

遠鉄百貨店が運営する複数のショッピングサイトに不正アクセスがあり、サイトを利用した顧客や配送先の個人情報が外部へ流出したことがわかった。クレジットカードの不正利用について複数の顧客から問い合わせが寄せられているという。

同社の「お中元インターネットショッピングサイト」「お歳暮インターネットショッピングサイト」「おせち料理インターネットご注文承りサイト」の3サイトから商品を注文した顧客の情報が流出したもの。

流出した個人情報は、商品を注文した顧客の氏名や住所、電話番号、メールアドレスなど2079人分で、カード番号やカード名義、有効期限、カード会社などクレジットカード情報3018件が含まれる。このほか、商品配送先の氏名、住所、電話番号など5479件も被害に遭った。

同社が6月から7月にかけて開設したショッピングサイトを利用した顧客から、10月8日、9日にカードの不正利用に関する問い合わせがあり、同社では同月28日に外部専門家へ調査を依頼。11月4日になって不正アクセスが判明した。同月9日にショッピングサイトを閉鎖している。

(Security NEXT - 2010/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
森永乳業の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
園芸振興センターの会員情報が流出、一時ダークウェブ上に - 宝塚市
CAD製品のユーザー登録サイトに不正アクセス - エーアンドエー
前橋市教委、個人情報流出は4万7839件 - 既往症や口座情報なども
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
健康情報サイトへの不正アクセス、個人情報流出を確認 - 尼崎市
不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン
児童や学生など含む個人情報約4万5000件が流出した可能性 - 前橋市
不正アクセスで認定医情報が流出か - 日本がん治療認定医機構