Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタル署名を利用する次世代「Zeus」を確認 - RSAセキュリティ

機能が強化された「Zeus」の新バージョンが発見された。マルウェアを確認したRSAセキュリティでは、出回っている亜種は少なく、実験段階にあると分析している。

「Zeus」は、「Zbot」という名称でも知られ、欧米の金融機関を中心に、利用者のアカウント情報が窃取されるなど被害が発生している。こうした事態を受け、マイクロソフトは10月に「悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT)」で対応。多くの端末で感染が確認されている。

同社は、今回確認した新種「Zeus 2.1」の特徴について、ダウンロード時にデジタル署名を確認する機能を搭載し、署名が行われていないファイルを読み込まないよう進化ていると指摘。

セキュリティベンダーが、同トロイの木馬を無効化するために作成したファイルや、他サイバー犯罪者がボットネットを乗っ取る目的で作成したファイルなど、作者の意図に反して作成されたファイルを読み込まない仕様だった。

(Security NEXT - 2010/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム
悪用難しいと思われた「Office脆弱性」、公表2週間でマルウェアに - Visa偽装メールで拡散
不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず