Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタル署名を利用する次世代「Zeus」を確認 - RSAセキュリティ

また内部のデータを暗号化した状態で保持しており、必要時に復号化するものの使用後すみやかにメモリから破棄されるため、内部データの解析を困難にさせる特徴を持っていた。

現時点で、亜種は広く流通しておらず、実験段階にあると分析。同社では、同トロイの木馬が利用するドロップサーバの分析や監視を行い、ログイン情報の窃取などへ対抗しているという。

(Security NEXT - 2010/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム検知数が前年の約2.8倍に - カスペまとめ
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
活動再開の「Emotet」、1日あたり約十万件の攻撃メールを配信
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
ESET新版、Intel TDT対応でランサム対策を強化
漁協直売店で「なりすましメール」 - 8月の「Emotet」感染が原因か
米子会社に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 東京化成工業