Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報約9万6000件含むジャーナルを紛失 - 郵便局

埼玉県ふじみ野市の大井緑ヶ丘郵便局において、顧客情報約9万6400件を含む窓口端末のジャーナルが所在不明となっている。

2004年10月30日から2007年11月26日までの窓口端末機における取引内容が記録されたDVD3枚を紛失したもので、11月9日に判明した。

紛失したDVDには、ゆうちょ銀行の貯金や送金に関する取引情報約9万3000件や、かんぽ生命の保険料収納や保険金支払いに関する記録3400件が保存されていた。顧客の氏名、住所、口座番号、取引金額、印影、保険証書記号番号、保険料などが含まれる。

郵便局では、局内で誤って廃棄した可能性が高いとしており、データについても暗号化されていると説明している。紛失した情報に関連する不正利用や問い合わせなども確認されていないという。

(Security NEXT - 2010/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
取引情報含むATMジャーナルを誤廃棄 - コザ信金
委託先が顧客情報含むATMジャーナル紙を紛失 - 南日本銀
22店舗でのべ1万8000件の顧客情報紛失が判明 - 東邦銀
約14万件のATM取引情報を記録したジャーナルを紛失 - 東邦銀行
7万3000件の取引情報含むATMジャーナルを紛失 - 四国銀行
各国の大学を狙った不正アクセス、国内大学が被害を公表
4支店で顧客情報含む帳票の紛失が判明 - 豊和銀行
顧客情報2万2000件含むATMジャーナルが所在不明に - 横浜銀
顧客情報1481件含むATMジャーナルが所在不明 - 北央信組