Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プリントパックの顧客に迷惑メール被害 - 個人情報流出の可能性

通信販売で印刷サービスを展開するプリントパックは、顧客情報が流出し、不正に利用された可能性があるとして、現在調査を進めていることを明らかにした。

同社によれば、複数の顧客から、登録した氏名やメールアドレスが不正に利用され、迷惑メールが送信されているとの指摘があり、さらに一部顧客からは、身に覚えのないサイトに登録されたとの報告も寄せられているという。

同社では、同社から個人情報が流出した可能性も踏まえて調査を行なっているが、発生時期や規模、原因については現在調査中であり、セキュリティ上の問題があるとして、現時点では言及を避けている。

同社では、迷惑メール以外にもダイレクトメールや迷惑電話などが発生する可能性もあるとして、顧客に対して注意を呼びかけている。また登録したメールアドレスで迷惑メールを受け取ったユーザーへ情報提供を求めており、2010年12月末までに知らせた顧客へ、割引チケットを提供するとしている。

(Security NEXT - 2010/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先への不正アクセスでメルマガ会員情報が流出 - 伊予鉄高島屋
スパイス通販サイトからスパム配信 - メールアカウントを奪取か
小諸市への不正アクセス、メルアド793件の流出が判明
「サンプル百貨店」の会員情報46万件が流出 - 派遣社員が名簿業者11社に売却
国立感染症研究所がスパムの踏み台に - 管理者装うフィッシングでアカウント奪われる
「特価COM」ではカード情報の漏洩発生せず - ストリームへの不正アクセス
サイトに不正アクセス、顧客情報漏洩やウイルス感染のおそれ - アルインコ
迷惑メール対策推進協議会の業務メールで誤送信が発生 - デ協
委託先メール配信システムに不正アクセス、メルアドが流出 - TOC
従業員の個人情報転売は約5万件、刑事告訴も - ダイレクト出版