Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電子部品の通販サイトで購入者メアドが流出 - 千石電商

電子部品などの販売を手がける千石電商は、通信販売サイト「せんごくネット通販」において購入者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、4月7日夜に同サイトが不正アクセスを受けたもの。翌8日に顧客から迷惑メールが届くようになったとの指摘があり、調査を行ったところ被害が判明した。

流出したのはメールアドレスのみとしており、会員登録を行わずに購入した場合も対象だという。同社では同月8日17時ごろアクセスを遮断。流出した可能性がある顧客に対してメールで連絡を取り、関係者へ謝罪している。

今回の問題を受けて同サイトにおけるスクリプトにおいて対策を実施。今後は包括的なサイバー攻撃対策について検討、実施し、再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2023/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ClamAV」にアップデート - 脆弱性2件を解消
トヨタの社用車管理サービスに不正アクセス - 原因は古いアクセスキー
鹿児島農産品の通販サイトで個人情報流出の可能性 - クレカや認証情報も
主要上場企業のDMARC導入が加速 - 本格運用はドメイン全体の5%未満
組合員情報含むUSBメモリを紛失、データは暗号化 - 建設連合国保組合
2023年4Qにおけるtelnetの探索、12月下旬は10月初旬の3倍に
Palo Altoの「PAN-OS」に5件の脆弱性 - アップデートにて修正
「Ghostscript」旧版に「クリティカル」とされる脆弱性
イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正