Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪府人材育成事業の委託先でメール誤送信 - 求職登録者のアドレスが流出

大阪府の人材育成事業において、メール誤送信が発生し、求職登録者60人分のメールアドレスを流出した。

同府より、ふるさと雇用再生基金事業「女性・若者対象ホスピタリティ人材育成事業」を受託している人材派遣大手のパソナにおいてメールの送信ミスが発生したもの。

9月29日から10月28日にかけて、「登録のお礼」や「合同説明会の案内」など7件のメールを送信したが、「CC」欄を利用していたため、メールアドレスのべ87件、求職登録者60人分のメールアドレスが流出した。

同府の指導を受け、同社では対象となる登録者に謝罪し誤送信メールの削除を依頼した。またメールの運用ルールを変更するなど、再発防止策を実施する。

(Security NEXT - 2010/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
障害者手帳をファックスで誤送信、操作ミス重なり - 宇治市
確認のためメアドをメール本文に、そのまま誤送信 - 佐賀県
農業従事者向けメールで誤送信 - 富山県
メール送信ミスで講習受講希望者のメアド流出 - 香川大
映画「おっさんずラブ」エキストラ応募者へのメールで誤送信
GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
叙勲候補者の個人情報をメール誤送信 - 愛知県