Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VISAの基準に適合した「トークン化セキュアパック」を提供 - 日本セーフネット

日本セーフネットは、クレジットカード情報など重要情報をトークン化する「Token Manager」と、データベース暗号化や暗号鍵管理を提供する「DataSecureシリーズ」をパッケージ化した「トークン化セキュアパック」を発表した。価格は、525万円から。

同ソリューションは、VISAによる基準「Best Practices for Tokenization Version 1.0」に適合したトークン化機能とデータベースの暗号化機能をパッケージ化したセキュリティソリューション。

同製品では、システム上でクレジットカード情報など機密情報を扱う際にトークン化した情報を活用し、機密情報の利用を限定することで、不正利用や漏洩リスクを下げ、PCI DSSなど監査対象範囲を縮小し、コストを下げることができる。またクレジットカード番号にくわえ、運転免許証番号などにも対応している。

(Security NEXT - 2010/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加
TED、Trap X Security製デコイソリューションを取り扱い開始
楽天銀、法人口座利用者向けにOTPスマホアプリを提供
サイバートラスト、マイナンバー対応企業向けに対策支援
三菱東京UFJ、ネットバンク利用者にカード型トークン
NTTソフト、クラウド利用を支援する機密情報のトークン化製品
アシスト、ファイルサーバ向け漏洩対策ソリューション
シマンテック、認証ソリューション「VIP」にモバイルプッシュ認証を追加
トレンドマイクロ、オフライン環境向けのUSBメモリ型ウイルス駆除ツール
OTPソフト「SECUREMATRIX」の最新版を提供 - プラグインなしで利用可能に