Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加

EMCジャパンは、認証プラットフォーム「RSA SecurID Access」にリスクベース認証機能を追加した新版を提供開始した。

同製品は、オンプレミスやクラウドのアプリケーションに対応する認証プラットフォーム。「リスクベース認証機能」を追加した「RSA SecurID Accessプレミアムエディション」を新版として提供する。

「リスクベース認証機能」では、ログイン時に地理情報や利用デバイス、ログイン時刻、接続元のIPアドレス、ログイン先のアプリケーション、アクセスパターンなどからリスクを評価。リスクが高い場合にワンタイムパスワードやFIDOトークン、プッシュ認証、生体認証などによる追加認証を要求する。

契約期間1年のサブスクリプション契約で、1000ユーザーで804万8160円から。「RSA SecurID」のユーザーの場合は269万5680円から。

(Security NEXT - 2017/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
届け先の個人情報を二次元コード化、置き配時の個人情報漏洩対策 - ヤマト運輸
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト