Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン

クリエーションラインは、イスラエルのAqua Security Softwareが開発するコンテナ向けセキュリティ対策ソリューション「Aqua Container Security Platform」を提供開始した。

20181025_cl_001.jpg
記者会見に登壇したクリエーションライン代表取締役社長安田忠弘氏(画面左)とAqua Security SoftwareのEric Gold氏(同左) 

同ソリューションは、コンテナの開発から運用までカバーするセキュリティ対策ソフトウェア。イメージに含まれる脆弱性、混入したマルウェア、トークンや秘密鍵のハードコードなど、イメージ内に問題がないか検索することが可能。

またコンテナの運用にあたっては、コードインジェクションやアクセス権限の不正利用など検知し、情報流出を防止。挙動のホワイトリストを用いることで未知の攻撃にも対応できるとしている。

オーケストレーター「Kubernetes」をネイティブでサポート。「AWS Fargate」といったサーバレス環境も含め、主要なコンテナプラットフォームに対応している。

同社は、運用にあたって開発支援や技術サポートを提供。直販のほか、販売パートナーであるソフトバンク コマース&サービスを通じて製品を展開する。年間利用料は、1ノードあたり30万1320円。

(Security NEXT - 2018/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
パーソナルデータ流通の標準化に注力 - SIOTP協議会
Palo Alto製品の脆弱性を悪用した反射型DoS攻撃が発生
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
Ciscoのインフラ管理製品に深刻な脆弱性 - API経由でコマンド実行のおそれ
「Log4Shell」緩和する「ホットパッチ」にホスト乗っ取りが可能となる脆弱性
重石ずれて廃棄書類がトラック運搬中に飛散 - 阿賀町
「Apache Tomcat」のアップデートが公開 - 「Spring4Shell」対策も
「Spring4Shell」を修正したアップデートが公開 - 詳細明らかに
コンテナエンジン「CRI-O」に脆弱性「cr8escape」 - パッチが公開