Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「Mac OS X」のJavaをアップデート

Appleは、「Mac OS X」に含まれるJavaの脆弱性を解消するアップデートを提供開始した。

今回公開した「Java for Mac OS X 10.5 Update 8」では6件の脆弱性、「Java for Mac OS X 10.6 Update 3」では4件の脆弱性に対応。サンドボックス外でJavaアプレットが実行されたり、任意のコードが実行される脆弱性を解消した。

「ソフトウェア・アップデート」や同社ウェブサイトからダウンロードし、アップデートすることができる。

(Security NEXT - 2010/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Chrome」のアップデートがリリース - GPUにおけるUAFの脆弱性を解消
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
OpenSSLに複数脆弱性、アップデートで解消 - 「PORTSMASH」にも対応
バックアップ製品「vSphere Data Protection」に深刻な脆弱性
パナ製Wi-Fi対応SDカードリーダーに複数脆弱性 - 最新アプリよりファームウェアの更新を
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を