Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Firefoxがアップデート、dllファイル読み込みの脆弱性を修正 - Linux版にも同様の脆弱性

Mozillaは、9件の脆弱性を修正したブラウザの最新版「Firefox 3.6.11」「Firefox 3.5.14」を公開した。

今回のアップデートでは、メモリ破壊など重要度が「最高」とされる脆弱性5件を解消。「Windows」において多くのアプリケーションで脆弱性が指摘されているライブラリファイルの読み込みに関する脆弱性へ対応したほか、Linuxでもライブラリパスの指定に問題があるとして修正を行っている。

また「href属性」の処理に不具合があり、攻撃者によりJavaScriptを実行されるクロスサイトスクリプティングの問題や、モーダル表示後に異なるドメインのページへ遷移した場合もアクセス権が得られる脆弱性など、重要度「高」の脆弱性が2件を解消。さらに「中」「低」それぞれ1件の不具合に対処している。

(Security NEXT - 2010/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
「LLVM」の「Armバックエンド」でスタック保護が機能せず
「Drupal 8.7.4」に脆弱性 - 手動作業ともなう更新必要
「Windows Defenderアプリ制御」に脆弱性 - 定例外アップデートをリリース
DNSサーバ「Knot Resolver」に複数脆弱性 - 更新がリリース
Atlassian製PMツール「Jira Server」に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Chrome 75.0.3770.142」がリリース、脆弱性2件に対処
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
Mac向けZoom製ウェブ会議ソフトに脆弱性 - ウェブ閲覧でカメラ起動
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート