Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクルとNTTデータグループ、DBセキュリティ分野で協業

日本オラクルとNTTデータ、NTTデータ・セキュリティ、NTTデータ先端技術のNTTデータグループ3社は、データベースのセキュリティ対策分野で協業すると発表した。

今回の協業により、日本オラクルは、NTTデータグループへ製品や技術支援を展開。NTTデータ・セキュリティでは、クレジットカード取扱事業者向けに展開している「PCI DSSトータルサービス」に「DBセキュリティアセスメントサービス」を11月1日より追加する。

またNTTデータグループのクラウドサービス「BizXaaS」の運用管理サービスメニューにも組み込むほか、NTTデータ先端技術では、「データ暗号化」や「アクセス制御強化」など「Oracle」活用ソリューションを提案していく。

(Security NEXT - 2010/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CVSSとPoC公開状況から利用OSSへの影響を評価するSaaS - ビズリーチ
アジア地域初の「Transparency Center」を設置 - Kaspersky
イー・ガーディアン、「反社チェックサービス」を提供
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
攻撃の対処要否を自動判断するための学習データ生成技術を開発 - 富士通研
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
脅威や脆弱性情報の提供や対策立案を支援するサービス - CTC