Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融機関のパスワードを盗む「Zbot」にMSRTが対応

マイクロソフトは、10月のセキュリティ更新プログラムとともに公開した「悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT)」で、「Zbot」や「Zeus」として知られるトロイの木馬へ対応した。

同トロイの木馬の初登場は1996年と比較的古いウイルス。金融機関のアカウント情報やパスワードの窃取に悪用されており、感染後はバックドアが作成され、外部からコントロールされる可能性がある。

さまざまな亜種が確認され、具体的な被害が発生していることから今回対応したもので、マイクロソフトセキュリティレスポンスチームチーフセキュリティアドバイザーの高橋正和氏は、「今回のMSRTによる対応が今後どのような影響を及ぼすか見守っていきたい」と話している。

(Security NEXT - 2010/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
北朝鮮攻撃グループ、偽「仮想通貨取引ソフト」をばらまく攻撃か - 「macOS」をはじめて標的に
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
北朝鮮関与のあらたなマルウェア「KEYMARBLE」 - 米政府が注意喚起
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2017年1Qのバンキングトロジャンは144件 - 前四半期から半減
マルウェア配信担う自己拡大型トロイの木馬に警戒 - 復旧に1億円超えも
銀行狙わぬ「バンキングトロジャン」も - 標的はクレカやアカウント、仮想通貨も
「Thrip」が衛星通信や防衛産業を標的に - 中国国内の端末から操作