Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融機関のパスワードを盗む「Zbot」にMSRTが対応

マイクロソフトは、10月のセキュリティ更新プログラムとともに公開した「悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT)」で、「Zbot」や「Zeus」として知られるトロイの木馬へ対応した。

同トロイの木馬の初登場は1996年と比較的古いウイルス。金融機関のアカウント情報やパスワードの窃取に悪用されており、感染後はバックドアが作成され、外部からコントロールされる可能性がある。

さまざまな亜種が確認され、具体的な被害が発生していることから今回対応したもので、マイクロソフトセキュリティレスポンスチームチーフセキュリティアドバイザーの高橋正和氏は、「今回のMSRTによる対応が今後どのような影響を及ぼすか見守っていきたい」と話している。

(Security NEXT - 2010/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用
北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
エネルギー産業狙う攻撃グループ、年頭より攻撃活発化 - 制御システムへのアクセス狙う
マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも
仮想通貨取引所やウェブウォレットのアカウント情報がマルウェアの標的に
100万件超ダウンロードされた人気ゲームアプリに「バックドア」 - Doctor Webが指摘
2017年1Qのバンキングトロジャンは144件 - 前四半期から半減
マルウェアメールの着信国、日本が2番目
「Gozi」の後継「DreamBot」による不正送金被害が1月に発生