Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NHK、取材先へのメール送信でアドレス流出 - BCC利用するも一部本文に

NHKは、番組取材先へメールを送信した際に、メールアドレスが流出する事故が発生したと発表した。

10月1日に衛星放送の番組で取材先へメール送信を送信した際に発生したもの。同社によれば、BCCを利用して153人にメール送信を行ったところ、44人分のメールアドレスがメールの本文に記載され、関係ない別の受信者から確認できる状態になったいう。

同局では、事故の原因をメールソフトの不具合と説明しており、対策を進めている。またメールの受信者に対して事情を説明し、謝罪するとともに、メールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2010/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

誤送信防止システムの設定ミスでメールアドレスが流出 - 堺市
堺市、PCに顔認証を導入 - 有権者情報の流出を受けて
産業労働センターでメール誤送信、受信者の指摘で判明 - 愛知県
案内メール誤送信で顧客のアドレス流出 - アトレ秋葉原店
メール誤送信、登録者のメールアドレスが流出 - 有田市
メール誤送信で産廃事業者のメアドなど流出 - 東京都環境公社
厚労省委託事業でメール誤送信、アドレス流出 - 浜銀総研
メーリングリストの設定ミスにより個人情報流出 - BCC利用から切替直後に
メールソフトの不具合でメールアドレスが流出 - グローバルテクノ
メールニュース誤送信で登録読者613人分のアドレス流出 - 国交省