Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

配信機能の導入時に作業ミス、一斉メールでメアド流出 - 南海電鉄関連会社

南海電気鉄道の新規事業開発プログラムにより出向起業され、音楽イベントなどを手がけるEvery Buddyは、受託したイベントの案内メールにおいて会員のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、7月1日19時過ぎ、イベントを告知するメールを同社ウェブサイトの会員1408人に送信した際、一斉メール配信機能によって本来「BCC」が用いられるところ、メールアドレスが宛先に設定され、送信されたという。

100人を1グループとして複数回にわけて送信したため、同一グループ内でメールアドレスが閲覧できる状態となった。7月1日にメール配信機能を新規で導入したが、開発業者による導入時の作業にミスがあったという。

送信直後に気づき、メール配信機能を開発した業者に改修を指示。対策実施後に対象となる会員に対してメールで謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2022/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県