Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メアドを入力ミス、第三者にメールを誤送信 - 新潟県

新潟県は、業務に関するアンケートの結果などを関係者にメールで送信した際、誤って第三者に送信するミスがあったことを明らかにした。

同県によれば、十日町地域振興局農業振興部より11月9日、10日に関係者9人へメールを送信した際、関係者1人のメールアドレスについて入力を誤り、2回にわたり第三者へ送信する事故が発生したもの。サーバによる宛先不明のリターンメールは届いておらず、第三者に届いたと見られる。

誤送信したメールには、氏名、性別、年代、集落など41件の個人情報が記載されたアンケート結果のほか、アンケート関係資料や打ち合わせメモに氏名が10件、「BCC」に入力しなかったことによる関係者のメールアドレス1件が含まれる。

本来の送信先である関係者よりメールが届いていないとの連絡があり、同月12日に誤送信へ気がついた。送信先は個人のフリーメールアドレスでユーザー部分のスペルを誤っていたという。誤送信先に削除を依頼しているが、連絡が取れない状況となっている。

同県では翌13日にアンケートの回答者などに謝罪を行った。同県では、教育の徹底や複数による確認の徹底、BCCによる送信などを徹底し、再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2022/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市