Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

競技団体宛メールを第三者に誤送信、入力ミスで - 東京都

東京都において外部団体へメールで事務連絡を行う際、職員が自身の私用メールアドレスへ同報しようとしたところ、誤って第三者に送信するミスが発生した。

8月8日15時ごろ、生活文化スポーツ局より競技団体に対して設備点検の日程調整に関するメールを送信する際、関係ない第三者へ誤送信するミスが発生したもの。

担当職員が利用する私用のフリーメールアドレスへBCCにより同報しようとしたところ、メールアドレスの入力を誤り、関係ない第三者に誤送信した。

競技団体などのメールアドレス9件を宛先やCCに入力していたため、第三者にこれらメールアドレスが流出。送信から約1時間後に職員がミスに気がついた。

同日、誤送信先にメールを削除するよう連絡したが、8月22日の時点で返事はないという。また関連する競技団体に対して謝罪した。

都によると、今回送信したメールは事務連絡のメールで機密情報は含まれておらず、私用のメールアドレスに同報することそのものはセキュリティポリシーに反する行為ではないという。

今後は、メールアドレスを誤らないよう手入力を行う際にダブルチェックを徹底し、再発を防止したいとしている。

(Security NEXT - 2022/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市