Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール本文に送信先メアドを誤って貼り付け送信 - 静岡県

静岡県は、お茶振興課において、静岡県中山間100銘茶協議会の会員にメール送信した際、送信先のメールアドレスをメール本文に記載して送信するミスがあったことを明らかにした。

同県によれば、9月12日20時前、静岡県中山間100銘茶協議会の会員45人に送信したメールにおいて、メール本文に送信先のメールアドレスを記載したもの。会員45人のメールアドレスが流出した。

翌13日に会員からの返信を確認した際、職員が気づいた。過去に送信したメールのBCC欄をコピーし、今回送信したメールのBCC欄に貼り付けたが、メール本文の末尾にも誤って貼り付けたと見られる。

会員間で住所や電話番号は共有しているが、メールアドレスは共有されていなかった。同県では対象となる会員にメールや電話で謝罪を行った。

(Security NEXT - 2022/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分
問合フォームの入力情報が外部流出の可能性 - オリジン東秀
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月