Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TwitterにXSSの脆弱性 - ユーザーの意図に反してリツイートも

人気SNSサービス「Twitter」に一時クロスサイトスクリプティングの脆弱性があり、悪用するツイートが一時流通したことがわかった。すでに脆弱性は解消されている。

「JavaScript」を含むツイートをパソコンのブラウザ上で表示した場合、コードが実行されるおそれがあったもの。脆弱性を利用したツイートは、9月21日18時半ごろに発生し、問題のツイートにあるリンク上へマウスオーバーすると、ツイートが異なる色に変化、ポップアップ画面が表示されるものだった。さらにコードが別のユーザーにより変更され、ユーザーの意志に関係なくリツイートするコードが埋め込まれた。

同社では同日23時までにおもな原因となる不具合を修正し、翌22日未明となる1時過ぎまでに修復を終えている。今回見つかった脆弱性は、以前にアップデートで対処していたが、最近実施したアップグレードにより問題が再発したと同社は説明している。

問題のツイートは、タイムライン上に残っている可能性がある。この点について同社は悪用の範囲はいたずらや宣伝行為にとどまり、コンピュータやアカウントに危害を与えることはないとし、パスワードを変更する必要はないとアナウンスしている。

(Security NEXT - 2010/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

YouTuberの広告審査や素行を監視するサービス - イー・ガーディアン
闇市場に「フェイクニュース」作成拡散サービス - 「いいね!」1000件が約2円から
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
InterFMに不正アクセス、リスナーの個人情報が流出 - Twitter上への投稿で判明
「WordPress」向けBestWebSoft製プラグイン51種にXSSの脆弱性
KDDIを装う「緊急速報」メールに注意 - auが呼びかけ
ぴあ受託サイトでクレカ情報流出、630万円の不正使用 - 「Struts 2」脆弱性が原因で
研究者のTwitterアカウントなどが乗っ取り被害 - PW使い回しが原因か
フィッシング対策協議会、サイト改ざんについて中間報告 - 原因特定できず
ランサムウェア「Petya」の復号化キー作成ツールが公開