Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Gumblar」防護が不十分な企業システムは3割 - NRIレポート

NRIセキュアテクノロジーズは、企業情報システムのセキュリティに関する分析結果をまとめた「サイバーセキュリティ 傾向分析レポート2010」を公開した。

同レポートは、同社が提供しているセキュリティ関連サービスで得られたデータを分析しまとめたもの。重要情報へ不正アクセスできることで「危険」と診断されたサイトの割合は、2005年の50%から年々減少し、2008年には34%まで低下。2009年は36%で下げ止まるかたちとなった。

一方で、重要情報ではないにしろ情報漏洩のおそれがあるサイトも37%にのぼり、安全と診断されたサイトは27%で前回の24%を上回っているものの、3割に満たない状態が続いている。

またこうした診断については、業種間で格差が生まれており、金融業のサイトでは「危険」サイトが順調に減少し2009年には23%まで低下。一方情報通信業のサイトは倍以上にあたる49%が「危険」と判定された。

(Security NEXT - 2010/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
「SECURITY ACTION」宣言事業者の課題は? - 意識の低さや人材不足などに課題
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
2018年4Qの標的型攻撃情報、6割がプラント関連狙い
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
2018年4Qの脆弱性届出は93件 - 「ソフト」「サイト」ともに大幅減
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
安全以前に「安さ」へ目が行くホリデーシーズン