Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Gumblar」防護が不十分な企業システムは3割 - NRIレポート

NRIセキュアテクノロジーズは、企業情報システムのセキュリティに関する分析結果をまとめた「サイバーセキュリティ 傾向分析レポート2010」を公開した。

同レポートは、同社が提供しているセキュリティ関連サービスで得られたデータを分析しまとめたもの。重要情報へ不正アクセスできることで「危険」と診断されたサイトの割合は、2005年の50%から年々減少し、2008年には34%まで低下。2009年は36%で下げ止まるかたちとなった。

一方で、重要情報ではないにしろ情報漏洩のおそれがあるサイトも37%にのぼり、安全と診断されたサイトは27%で前回の24%を上回っているものの、3割に満たない状態が続いている。

またこうした診断については、業種間で格差が生まれており、金融業のサイトでは「危険」サイトが順調に減少し2009年には23%まで低下。一方情報通信業のサイトは倍以上にあたる49%が「危険」と判定された。

(Security NEXT - 2010/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念
「情報処理安全確保支援士」に2206人が新規登録 - 経過措置対象者が6割強
委託先の選定、セキュリティ対策が最優先とする企業は4.6%
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
仮想通貨発掘スクリプトを多数検出 - 難読化や偽装による検出逃れも
ネット通販の中古ドライブ、50台中15台にデータ - 8台に企業情報らしきファイル
2017年4Qの脆弱性届出は70件 - ソフトウェア関連が大幅減
2017年4Q、インシデント微減するも制御システム関連の増加目立つ