Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5支店で顧客情報含む伝票綴りの紛失が判明 - JAなごや

なごや農業協同組合は、5つの支店において、顧客情報含む伝票綴り6200件が所在不明になっていることを明らかにした。

所在が不明になっているのは、千種支店、岩塚支店、南支店、猪子石支店、富田支店の5店舗が保管していた伝票綴り。千種支店の紛失が2月22日に判明したのを受け、全店調査を実施した結果、5月21日に4支店における紛失が明らかになった。

もっとも古い伝票は2000年5月当時のもので、2004年3月までの間に取り扱った約6200件が含まれる。顧客の氏名、住所、電話番号、口座番号、取引金額などが記載されていた。

いずれも誤って不要書類とともに廃棄した可能性が高く、情報が外部に流出するおそれは低いと同JAでは説明しており、外部からの不審な問い合わせなども確認されていないという。

(Security NEXT - 2010/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか