Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

別件で逮捕された犯人の自供で個人情報の盗難が発覚 - 三井物産グループ会社

三井物産のグループ会社で不動産関連サービスを提供する物産コミュニティーにおいて、顧客情報が事務所から盗まれていたことが明らかになった。

盗難被害に遭ったのは賃貸管理物件の入居申込書のコピーで、顧客156人の氏名、住所、電話番号などが記載されていた。事務所に侵入してコピーを持ち出していたもので、容疑者が2009年10月13日に別件で逮捕され、自供により発覚したという。

犯人は持ち出した個人情報の外部流出や二次使用は行っておらず、押収された書類も、3月19日に同社へ返却された。同社でも不正利用の事実などは把握しておらず、情報が外部に漏洩した可能性はないと結論付けている。

(Security NEXT - 2010/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む検針用端末がバイクごと盗難 - 京葉ガス
市施設で児童の画像含むメモリカードが盗難、職員が逮捕 - 印西市
中学校で貸出データ含む図書室設置PCが盗難 - 名古屋市
患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院
交付前のマイナンバーカードと交付用端末が盗難 - 横浜市
事務所荒らしで顧客情報が被害に - ニッポンレンタカー
患者情報が所在不明に、忘年会の荷物置場からなくなる - 横浜市立大病院
顧客情報含むPCが帰宅途中に盗難 - ベンゼネラル
顧客情報が保存されたレジが盗難 - 古着リサイクルショップ
防犯カメラ更新時にデータ削除前の機器が盗難被害 - 西鉄ホテルズ