Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報漏洩時に賠償請求したい金額は7割弱が「30万円超」 - 55%が被害経験

5割強が個人情報漏洩の被害を受けたことがあり、漏洩した場合に30万円超の金額を賠償請求したいと考えるユーザーが7割弱にのぼることがわかった。

マイクロソフトや楽天などが運営する「インターネット安全けいびたい実行委員会」がセキュリティや個人情報漏洩について、全国の18歳以上の男女300人を対象に調査を実施したもの。インターネット利用時に個人情報漏洩の危険性があると感じているユーザーは78.8%にのぼる。

個人情報漏洩により実際の被害を受けたことがあるとの回答は55.3%で半数を超えた。具体的な被害としては、「ダイレクトメール送付(70.0%)」「電話による勧誘(66.9%)」「架空請求(35.6%)」が続いた。預貯金の引き出されたとの回答も3.1%あったという。

知られたくない個人情報としては、「クレジットカードの番号やパスワード(69.3%)」「銀行口座の情報(57.7%)」「ネットバンキングの暗証番号(56.3%)」が上位を占めたが、「会員登録をしているサイトのIDやパスワード」や「メールアドレス」についても約2割のユーザーが懸念を示している。

(Security NEXT - 2010/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験
スマートスピーカー経由の個人情報漏洩、約6割弱に危機感
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に