Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパム配信国はブラジルやインドが上位、都市ではソウルが首位 - Panda Security調査

PS Japanは、1月から2月にかけて検知したスパムの発生状況を取りまとめ、発表した。

同社の研究機関が検知した500万件のスパムを分析したもので、トップはブラジルで13.7%、インドが11%で続いた。さらにベトナム(5.7%)、韓国(6.3%)と続いたという。

ブラジルから発信されていたスパムは、マルウェアの配布や違法製品の販売に悪用されており、ブラジル人女性のビデオや写真により閲覧させようとするものだった。

また同社によれば、都市では韓国の「ソウル」が4.6%で最も多く、ベトナムの「ハノイ」が4%、インドの「ニューデリー」が1.7%で続いた。また配信国としてもっとも多かったブラジルの都市としては、5位に「サンパウロ」が入っている。

(Security NEXT - 2010/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る