Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルカメラで撮影された利用者の画像含むメモリカードを紛失 - 都の医療センター

東京都の北療育医療センターにおいて、利用者の日中活動の様子を撮影した画像が含まれるメモリカードが所在不明になっている。

都の発表によれば、紛失したメモリカードには、同センターの職員が病棟内における利用者の日中活動の様子を撮影した画像109枚が保存されていた。2月3日から3月16日までに撮影された4日分の画像で、そのうち個人の識別が可能なのは96枚30人分。画像内に氏名など個人情報は含まれなかった。

3月16日午前に職員が撮影した後、メモリカードの入ったカメラを病棟内に置き忘れたが、同日19時ごろ、別の職員がカメラの放置に気付き、ナースステーション内に保管。18日になって再びカメラを使用しようとした際、カードがなくなっていることに気が付いたという。

複数の職員で捜索を行ったが発見できなかった。同センターでは、画像のバックアップデータから写っている利用者を特定し、個別に説明を行っている。

(Security NEXT - 2010/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立高校で個人情報含む書類を紛失 - 埼玉県
アンケート用紙が運搬中に飛散、一部紛失 - 名古屋観光コンベンションビューロー
高校教諭が成績情報など含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
学生情報含むUSBメモリを紛失 - 石巻専修大
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
教員が学生の個人情報を電車内で紛失 - 常葉大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター