Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「対SQLインジェクション攻撃」用資料を公開 - 安全なソースコードの書き方を収録

情報処理推進機構(IPA)は、SQLインジェクション攻撃の被害を防止するため、ウェブアプリケーションにおける安全なプログラミング方法を解説した資料「安全なSQLの呼び出し方」を公開した。

SQLインジェクション攻撃は、ウェブアプリケーションの脆弱性などを利用し、データベースに対して運営者の意図とは異なる「SQL命令」を実行するもので、情報漏洩や改ざんが発生するおそれがある。

100318ip.jpg
SQLインジェクションの発生するメカニズム(図:IPA)

SQLインジェクション攻撃は、2008年から2009年前半にかけて大量の攻撃が観測された。ピーク時に比べれば攻撃は減っているとの報告があるものの、2009年1月から2010年2月までの同機構が運営している「JVN iPedia」に対する攻撃を分析すると、約45%が「SQLインジェクション攻撃」であるなど、引き続き多くの攻撃が発生しているという。

さらに、一部オープンソースにおいて安全性が検証されていないものが存在したり、一般的な対策を実施していても、プログラミング言語やデータベースのエンジンに起因して、攻撃を受ける可能性があるなど、同機構では対策の重要性を指摘している。

今回公開した資料は、以前より同機構が提供している「安全なウェブサイトの作り方」の別冊で、ウェブアプリにおけるSQLの実装方法を解説。発生原因からプログラミング言語とデータベースにおける安全なソースコードの書き方などを収録した。全40ページで、同機構のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

安全なウェブサイトの作り方
http://www.ipa.go.jp/security/vuln/websecurity.html

情報処理推進機構(IPA)
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2010/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネオジャパンのウェブメール「Denbun」に8件の脆弱性
ホスティングサービス上のWAF検知、約34%が「WordPress」狙い - SQLi攻撃目立つ
運用甘い脆弱なルータを狙う攻撃が大量発生 - 「WebLogic」脆弱性狙う攻撃にも注意を
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減
2018年2Qの脆弱性届出は158件 - ソフトウェア関連が倍増
「サイボウズGaroon」にSQLインジェクションの脆弱性
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
MS&Consulting、登録者情報約57万件が流出か - あらたな可能性判明で件数修正