Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む帳票約4000件が所在不明、誤廃棄の可能性 - JAバンク新潟県信連

新潟県信用農業協同組合連合会は、顧客情報含む「為替歳出金入金明細表」約4000件などが所在不明になっていることを明らかにした。

同連合会によれば、紛失したのは2007年2月分および3月分の「為替歳出金入金明細表」約4000件のほか、「為替センタ処理不能明細表」約30件などで、同県下の農業協同組合における顧客情報が記載されていたという。

外部からの問い合わせはなく、内部で誤って破棄した可能性が高いと説明している。

(Security NEXT - 2010/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
区立こども園の保育室で園児画像含むカメラが所在不明に - 台東区
教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
高齢者の個人情報含む名簿が所在不明 - 名古屋市
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市
キャンペーン応募用紙が箱ごと所在不明 - 静岡のスーパー
採用内定者の個人情報含む資料が所在不明 - 国立病院機構
市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市