Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む帳票約4000件が所在不明、誤廃棄の可能性 - JAバンク新潟県信連

新潟県信用農業協同組合連合会は、顧客情報含む「為替歳出金入金明細表」約4000件などが所在不明になっていることを明らかにした。

同連合会によれば、紛失したのは2007年2月分および3月分の「為替歳出金入金明細表」約4000件のほか、「為替センタ処理不能明細表」約30件などで、同県下の農業協同組合における顧客情報が記載されていたという。

外部からの問い合わせはなく、内部で誤って破棄した可能性が高いと説明している。

(Security NEXT - 2010/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

償還予定表など顧客情報含む書類が所在不明に - 住宅金融支援機構
アンケート用紙が運搬中に飛散、一部紛失 - 名古屋観光コンベンションビューロー
中学校で身体測定の記録票を紛失 - 高松市
学生情報含むUSBメモリを紛失 - 石巻専修大
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
都営住宅申込者の個人情報含むDVD2枚を紛失、委託先で - 東京都
婦人靴売り場で顧客情報含む帳票を紛失 - 高崎タカシマヤ
個人情報1.8万件含むHDDが2018年末より所在不明 - 豊見城市
高校で検定試験結果が所在不明、持ち去りか - 神奈川県