Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不妊対策助成事業の一部申請書が所在不明に - 東京都

東京都は、不妊対策の助成事業において申請書類2件が所在不明となっていることを明らかにした。

都によれば、東京都不妊検査等助成事業の申請書類が所在不明になっているもの。4月5日に申請者から進捗状況を確認する連絡があり、書類が所在不明となっていることが判明した。

氏名や口座情報が記載された助成申請書、医療機関が記載する受診等証明書、住民票の写し、戸籍全部事項証明書、通帳の写しなどが含まれる。1月15日に都庁に到着したものの、見当たらないという。

また東京都特定不妊治療助成事業の一部申請書を紛失した。氏名や口座情報が記載された助成申請書、住民票の写し、戸籍全部事項証明書などで、3月14日に都庁に到着したことが確認されているが、その後の所在がわかっていない。

都では、対象者に経緯の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2024/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

転職支援サイトに不正アクセス - 海外サイトに会員情報
小学校児童の個人情報が記載されたサポート票を紛失 - 大阪市
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - アップデートの実施を
KADOKAWA関連の複数サイトで障害 - 「ニコ動」16日まで配信中止
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
「Trend Micro Apex One」に7件の脆弱性 - アップデートで修正
機械学習ライブラリ「PyTorch」の分散RPCフレームワークに深刻な脆弱性
複数脆弱性に対処したGPUのアップデートをリリース - NVIDIA
BitDefenderのセキュリティ製品に脆弱性 - アップデートを提供
Arm製「Mali GPUカーネルドライバ」の旧版に脆弱性 - 悪用も