Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性含むウェブアプリの失敗ソースコードを勉強できる資料 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、安全なウェブサイトを構築する際に役立つ資料について改訂を実施した。

今回改訂を実施したのは、「安全なウェブサイトの作り方」。同機構へ届け出が多かった脆弱性や攻撃について解説する資料で、第4版となった。

従来より「SQLインジェクション」「クロスサイトスクリプティング」に関する「失敗例」を紹介していたが、さらに「OSコマンドインジェクション」「パス名パラメータの未チェック」「クロスサイトリクエストフォージェリ」「HTTPヘッダインジェクション」の4種類を追加した。

各脆弱性について、失敗例のソースコードを解説。修正例についても参照できる。また、ウェブアプリケーションに対する攻撃を防御する「WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)」の活用に関する解説も盛り込んだ。セキュリティ実装の実施状況を確認するためのチェックリストも用意している。

(Security NEXT - 2010/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、組織向けセキュリティ自己診断ツールに最新版 - データ拡充、統計資料も
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
ビルシステムのセキュリティ対策ガイドラインベータ版を公開 - 経産省
工場向け産業用IoT機器、導入時の注意点は? - JPCERT/CCが解説
ゲームの脆弱性対策技術を競うコンテストがスタート
「証拠保全ガイドライン第7版」を公開 - IDF
製品の脆弱性対応を行う「PSIRT」フレームワークに日本語版
JNSA、「経営者のための情報セキュリティ対策」を公開 - 「ISO 31000」を例に解説
ウェブサイト開設時に注意したいセキュリティのポイントを解説 - IPA