Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Outlookユーザーを攻撃するマルウェアが増加 - BitDefender

BitDefenderによれば、「Microsoft Office Outlook Web Access」のユーザーを狙ったマルウェアが拡散しているという。

問題となっているのは、セキュリティ対策に見せかけ、新しい設定を適用するよう求める迷惑メールを送りつける手口。誘導先の不正ページでは、「Microsoft Office」のロゴを表示するなど、ユーザーを騙してファイルをダウンロードさせ、トロイの木馬「Trojan.SWF.Dropper.E」などへ感染させる。

同ウイルスは、脆弱性を悪用するFlashファイルで、複数のトロイの木馬をダウンロードし、「Trojan.Spy.ZBot.EKF」や「Exploit.HTML.Agent.AM」など複合感染を引き起こすという。

同社では、12月上旬に比べ、1月上旬では「Trojan.SWF.Dropper.E」の検知数が60ポイント増加するなど拡大の動きがあるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
既存のメール脅威対策を評価する無料サービス - 「Office 365」環境向けに
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
メモリランダム化でエクスプロイトを防ぐ「Morphisec」を発売 - IWI
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン