Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Outlookユーザーを攻撃するマルウェアが増加 - BitDefender

BitDefenderによれば、「Microsoft Office Outlook Web Access」のユーザーを狙ったマルウェアが拡散しているという。

問題となっているのは、セキュリティ対策に見せかけ、新しい設定を適用するよう求める迷惑メールを送りつける手口。誘導先の不正ページでは、「Microsoft Office」のロゴを表示するなど、ユーザーを騙してファイルをダウンロードさせ、トロイの木馬「Trojan.SWF.Dropper.E」などへ感染させる。

同ウイルスは、脆弱性を悪用するFlashファイルで、複数のトロイの木馬をダウンロードし、「Trojan.Spy.ZBot.EKF」や「Exploit.HTML.Agent.AM」など複合感染を引き起こすという。

同社では、12月上旬に比べ、1月上旬では「Trojan.SWF.Dropper.E」の検知数が60ポイント増加するなど拡大の動きがあるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
学内から外部に不正通信、マルウェア感染端末を特定できず - 成蹊中高
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加
NTTテクノクロス、Carbon Blackベースの「TrustShelter/EPP」を提供
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供