Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先宛名シールの重ね張りでゲームソフト会社が謝罪

プレイステーション用ゲームソフトの制作会社ARIAは、登録ユーザー宛てに発送した封筒の宛名シールを、委託先が重ね張りし、受取人以外の氏名と住所がわかる状態で発送したことを明らかにした。

発送業務を受託したヤマト運輸およびアローエンジニアリングによれば、2009年12月末に発送作業を行った際、約5000通の封筒へ本来のものと異なる宛名シールを張り、正しい宛名シールを重ね張りして送付したもの。

両社では、シールを作成し直した際、元のシールを剥がすと封筒が汚れ、重ね張りで個人情報を十分隠すことができると判断し、修正テープで個人情報を隠したうえでシールを重ね張りして発送したという。

両社は、委託元へ相談を行っていなかったなど認識が甘かったとして謝罪。再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2010/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイト「セシール」で不正ログイン - 不正受注や個人情報改ざん
DMの宛名シールを二重に貼付 - マラソン申込書発送で
ファンクラブ会員情報含むシールを誤送信 - 西武ライオンズ
元委託先が顧客情報約3万5000件を不正売却か - セシール
宛名シールが外部流出、一部郵送され発覚 - 住友生命
ゴールデンウィーク中に507世帯分の「宛名シール」を紛失 - 東京ガス
利用者や家族の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 滋賀の特別養護老人ホーム
DMの宛名ラベルで個人情報が流出、委託先の重ね貼りで - 愛知のCATV局
オフィシャルマガジン送付時に個人情報が流出 - 大宮アルディージャ
督促はがきに保護シールを貼付せず送付 - 東京社会保険事務局