Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

書類を誤送付、宛名シールのミスに気づかず - 広島銀

広島銀行は、取引先従業員の財形預金に関する情報が記載された書類を、誤って他社へ送付するミスがあったことを公表した。

同行によれば、取引先1社の従業員1163人の情報が記載された「財形預金残高明細表」を、誤って別の会社1社へ送付したことが11月9日に判明したという。

送付した明細表には、カタカナ氏名、社員番号、口座番号、当月取引額、預かり金残高、毎月積立額、年金受取回数、賞与積立額などが記載されている。

担当者が明細表の送付作業を行った際、他社の宛名シールを封筒に貼って責任者に確認を求めたが、責任者による確認が不十分で気が付かず、封緘して発送した。

同行では、誤送付した書類を11月9日に回収。今回の問題を受けて、作業手順の見直しやチェック強化を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2022/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
コンテスト入賞作品を撤収中に紛失、その後返還 - 鳥取県
事務連絡メールに7468人分の個人情報含む送付先一覧を誤添付 - 大阪市
受講システムで受講者の情報閲覧権限に設定ミス - ラック
行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局
転職による年収アップ、「セキュリティエンジニア」がトップ
クラウド管理製品「VMware Aria Operations」に権限昇格の脆弱性