Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特典発送で委託先が宛名シールを二重貼り、個人情報流出 - LINE

LINEは、ディズニーファン向け会員サービスの特典を発送した際、顧客情報が流出したことを明らかにした。

同社によれば、会員サービス「Disney x LINE」の12カ月プランの継続会員に対し、11月30日に会員特典である限定オリジナルノベルティを送信したところ、梱包に貼付した宛名シールの下に別の顧客の氏名や住所が記載された宛名シールが貼付されていたもの。

12月1日に会員から問い合わせがあり判明。調査を行ったところ、委託先が配送業者を変更した際、宛名シールの貼り替えが必要となったが、元の送り状をはがさず、そのまま上から別の顧客の宛名シールを貼ったという。

2608件において発生し、別の顧客の氏名や住所が確認できる状態となった。同社では対象となる顧客に対して個別に経緯の説明と謝罪を行っている。あわせて宛名シールを回収する準備を進めており、協力した顧客には謝礼するとしている。

(Security NEXT - 2020/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
被爆者宛の健診案内で誤送付 - 同姓で住所を取り違え
駐車場使用料納入通知書を誤送付 - 神奈川県県営住宅で
個人情報記載の宛名シールを紛失 - Z会
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
就学支援金支給停止通知など書類の誤送付が発生 - 新潟県
氏名と住所が一致しないアンケートを誤送付 - 大阪市
成人の日対象者の個人情報を委託先が紛失 - 大阪市
注意喚起で掲載した架空請求ハガキに個人情報 - マスキング不十分で
当選賞品を宛名と異なる住所へ送付 - 九州電力