Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パートナー企業の不正アクセスで顧客情報流出 - ラクスル

ネット印刷サービスを展開するラクスルは、同社の顧客情報がパートナー企業において流出したことを明らかにした。

同社によれば、2016年12月28日から2018年9月4日にかけて同社より出荷したシール、ステッカー印刷の注文8705件に関する出荷元および届け先の氏名、住所、電話番号など4248人分の顧客情報が外部へ流出したもの。

2月21日にパートナー企業で個人情報が流出した可能性が明らかとなり調査を行ったところ、流出したデータに同社の顧客情報が含まれていることが判明した。

対象となる顧客に対しては、2月28日よりメールで謝罪を行っている。またパートナー企業に対して原因や対処策の精査、脆弱性診断の実施などを求めたという。

不正アクセスの具体的な原因やパートナー企業については明らかにしていない。同社は本件に関して「取材は受けていない」としており、コメントなどは得られなかった。

(Security NEXT - 2022/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市
政府、クレカ会社にフィッシング対策強化を要請 - DMARC導入など
GitHubからコード署名証明書が漏洩か - Mac版プログラムに影響
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正