Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市

大阪市は、船場法人市税事務所において、税額決定通知書の送付ミスがあり、個人情報が流出したことを公表した。

同市によれば、「給与所得等に係る個人市民税・府民税特別徴収税額の決定通知書」の印刷や封入業務を委託している事業者において、宛名シールを誤って貼付。本来送付すべき法人とは異なる法人へ送付した。通知書を受け取った事業者からの連絡で問題が判明したという。

通知書には従業員の個人情報が記載されており、従業員343人の氏名や住所、特別徴収税額などが含まれる。また従業員全体の特別徴収税額や課税人数、非課税人数などの法人情報も記載していた。

同市では、誤送付先となった事業者に謝罪し、通知書の返送を依頼。本来の送付先だった事業者には、事情を説明して謝罪し、あらためて通知書を送付。従業員に対しても個別に謝罪の書面を送付するとしている。

(Security NEXT - 2019/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ陽性患者リストを誤配送 - 神奈川県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
顧客情報含む資料を誤ってメール送信 - 不動産会社
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
マスクの価格訂正メールで誤送信 - 白十字
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社