Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致

ディノス・セシールは、同社が運営する通信販売サイト「セシールオンラインショップ」が不正アクセスを受けたことを明らかにした。ログインの試行に用いられたすべてのメールアドレスが同社顧客のIDと一致しており、情報流出の可能性が高いとして調査を進めている。

20180606_dc_001.jpg
不正アクセスを受けた「セシールオンラインショップ」

同社によると、6月2日10時19分ごろから同日18時前にかけて、中国のIPアドレスを発信元とし、1938件のログインの試行が行われたもの。

このうち490件のアカウントで実際にログインされ、氏名や所有ポイント数などが参照された可能性がある。

攻撃開始当初の3分間、同一のIPアドレスより攻撃が行われたことから、同社では同IPアドレスを自動で遮断したが、その後異なるIPアドレスを用いて攻撃が継続された。利用されたIPアドレスは201件に及んだという。

(Security NEXT - 2018/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
デザイン建材通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
医療ユニフォームメーカーの通販サイトに不正アクセス - 個人情報が流出
輸入楽譜専門店の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出
従業員のメールアカウントに不正アクセス - 日経BP
クラウドストレージでデータ流出や消失被害 - ビルコム
転職支援サイトに不正アクセス - 海外サイトに会員情報
バイト情報サイトから登録者情報が流出 - 転得したとの人物から連絡も
不正アクセスで個人情報が流出、スパム送信も - アイザワ証券子会社