Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

共存型の無料セキュリティ対策ソフト「gred AntiVirusアクセラレータ」のひみつに迫る

セキュアブレインが、セキュリティ対策ソフト「gred AntiVirusアクセラレータ」をリリースした。他セキュリティ対策ソフトと共存し、よりセキュアな環境をユーザーに提供することへ主眼をおいたあたらしいコンセプトのソフトだ。

091201sb2.jpg
「gred AntiVirusアクセラレータ」のインタフェース

同ソフトは、米Immunetが開発する「Immunet Protect」を日本語化したもの。利用者から収集するウイルス情報などを集約し、クラウド上で検知する。メジャーなセキュリティ対策ソフトに対応を表明しており、利用者がインストールしている他セキュリティ対策ソフトの検知情報を集約することも特徴のひとつだ。

しかし、あたらしいコンセプトの製品だけに疑問も多い。ソフトの具体的なしくみについて、同社業務推進室でプロダクトマネージャを務める藤盛秀憲氏に詳しい話を聞いた。

(Security NEXT - 2009/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
P2P監視システム上のマルウェア保管でベンダーのアナリストが逮捕
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響