Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

共存型の無料セキュリティ対策ソフト「gred AntiVirusアクセラレータ」のひみつに迫る

セキュアブレインが、セキュリティ対策ソフト「gred AntiVirusアクセラレータ」をリリースした。他セキュリティ対策ソフトと共存し、よりセキュアな環境をユーザーに提供することへ主眼をおいたあたらしいコンセプトのソフトだ。

091201sb2.jpg
「gred AntiVirusアクセラレータ」のインタフェース

同ソフトは、米Immunetが開発する「Immunet Protect」を日本語化したもの。利用者から収集するウイルス情報などを集約し、クラウド上で検知する。メジャーなセキュリティ対策ソフトに対応を表明しており、利用者がインストールしている他セキュリティ対策ソフトの検知情報を集約することも特徴のひとつだ。

しかし、あたらしいコンセプトの製品だけに疑問も多い。ソフトの具体的なしくみについて、同社業務推進室でプロダクトマネージャを務める藤盛秀憲氏に詳しい話を聞いた。

(Security NEXT - 2009/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
トレンドマイクロの複数製品に脆弱性 - 順次更新を実施
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
セキュキャン、応募課題を先行公開 - 応募期間短く注意
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
医療情報狙う攻撃 - 新型コロナ前後の国内観測動向は
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
PCR検査で受診者情報ファックスを誤送信 - 奈良の保健所