Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

共存型の無料セキュリティ対策ソフト「gred AntiVirusアクセラレータ」のひみつに迫る

セキュアブレインが、セキュリティ対策ソフト「gred AntiVirusアクセラレータ」をリリースした。他セキュリティ対策ソフトと共存し、よりセキュアな環境をユーザーに提供することへ主眼をおいたあたらしいコンセプトのソフトだ。

091201sb2.jpg
「gred AntiVirusアクセラレータ」のインタフェース

同ソフトは、米Immunetが開発する「Immunet Protect」を日本語化したもの。利用者から収集するウイルス情報などを集約し、クラウド上で検知する。メジャーなセキュリティ対策ソフトに対応を表明しており、利用者がインストールしている他セキュリティ対策ソフトの検知情報を集約することも特徴のひとつだ。

しかし、あたらしいコンセプトの製品だけに疑問も多い。ソフトの具体的なしくみについて、同社業務推進室でプロダクトマネージャを務める藤盛秀憲氏に詳しい話を聞いた。

(Security NEXT - 2009/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンド複数製品に管理画面回避のおそれ - パッチリリース
トレンドマイクロ「Apex One」にコマンドインジェクションの脆弱性
法人向け「ウイルスバスター」に脆弱性 - すでに悪用も
トレンドのログ調査ツールに脆弱性 - 最新版の利用を
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
法人向け「ウイルスバスター」狙う攻撃が複数発生 - 設定無効化のおそれ
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
セキュリティ相談、2019年2Qは微減 - 宅配業者偽装SMSは増加
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加