Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TLSプロトコルにおいて中間者攻撃が発生する脆弱性の実証レポート - NTTデータ・セキュリティ

NTTデータ・セキュリティは、暗号化通信などに用いられるTLSプロトコルで見つかったリネゴシエーション処理における脆弱性について検証レポートを公表した。

問題の脆弱性は、TLSプロトコルのリネゴシエーション処理において、中間者攻撃が可能となるもの。攻撃者は、自身が用意したプロクシをユーザーに経由させることでパスワードを取得できる。同社はTwitterに対する書き込みについて実際にログイン情報を奪取できることを確認した。

対策としては、リネゴシエーションを無効化する必要があり、ベンダーなど確認して対応を行うよう呼びかけている。

NTTデータ・セキュリティ
http://www.nttdata-sec.co.jp/

(Security NEXT - 2009/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート