Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TLSプロトコルにおいて中間者攻撃が発生する脆弱性の実証レポート - NTTデータ・セキュリティ

NTTデータ・セキュリティは、暗号化通信などに用いられるTLSプロトコルで見つかったリネゴシエーション処理における脆弱性について検証レポートを公表した。

問題の脆弱性は、TLSプロトコルのリネゴシエーション処理において、中間者攻撃が可能となるもの。攻撃者は、自身が用意したプロクシをユーザーに経由させることでパスワードを取得できる。同社はTwitterに対する書き込みについて実際にログイン情報を奪取できることを確認した。

対策としては、リネゴシエーションを無効化する必要があり、ベンダーなど確認して対応を行うよう呼びかけている。

NTTデータ・セキュリティ
http://www.nttdata-sec.co.jp/

(Security NEXT - 2009/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増