Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSのサポートを装ってマルウェアを送りつける攻撃が発生

JPCERTコーディネーションセンターは、マイクロソフトのサポートを装ってマルウェアをメールで送りつける攻撃が発生しているとして、不審メールへ気をつけるよう注意を喚起している。

同センターによれば、同社サポートと見せかけ、「Conflicker.B Infection Alert」というタイトルなどでセキュリティ対策を促す内容で送信されているという。メールへ実際に添付されているファイルはマルウェアで、誤ってファイルを実行すると偽セキュリティ対策ソフトなどへ感染する可能性がある。

現在見つかっているメールは英文によるものだが、同センターでは、今後類似した攻撃が拡大するおそれがあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンド複数製品に管理画面回避のおそれ - パッチリリース
トレンドマイクロ「Apex One」にコマンドインジェクションの脆弱性
法人向け「ウイルスバスター」に脆弱性 - すでに悪用も
トレンドのログ調査ツールに脆弱性 - 最新版の利用を
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
法人向け「ウイルスバスター」狙う攻撃が複数発生 - 設定無効化のおそれ
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
セキュリティ相談、2019年2Qは微減 - 宅配業者偽装SMSは増加
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加