Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSのサポートを装ってマルウェアを送りつける攻撃が発生

JPCERTコーディネーションセンターは、マイクロソフトのサポートを装ってマルウェアをメールで送りつける攻撃が発生しているとして、不審メールへ気をつけるよう注意を喚起している。

同センターによれば、同社サポートと見せかけ、「Conflicker.B Infection Alert」というタイトルなどでセキュリティ対策を促す内容で送信されているという。メールへ実際に添付されているファイルはマルウェアで、誤ってファイルを実行すると偽セキュリティ対策ソフトなどへ感染する可能性がある。

現在見つかっているメールは英文によるものだが、同センターでは、今後類似した攻撃が拡大するおそれがあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
トレンドマイクロ製アプリ、Apple公式ストアから削除
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
ESETのエンドポイント用インストーラーに脆弱性 - 最新版の利用を