Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSのサポートを装ってマルウェアを送りつける攻撃が発生

JPCERTコーディネーションセンターは、マイクロソフトのサポートを装ってマルウェアをメールで送りつける攻撃が発生しているとして、不審メールへ気をつけるよう注意を喚起している。

同センターによれば、同社サポートと見せかけ、「Conflicker.B Infection Alert」というタイトルなどでセキュリティ対策を促す内容で送信されているという。メールへ実際に添付されているファイルはマルウェアで、誤ってファイルを実行すると偽セキュリティ対策ソフトなどへ感染する可能性がある。

現在見つかっているメールは英文によるものだが、同センターでは、今後類似した攻撃が拡大するおそれがあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催
サイト上での仮想通貨発掘プログラム設置に無罪判決
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
他利用者に騙されウイルス感染、偽運営者によるアカウント詐取 - IPAがネットゲーム利用者へ注意喚起
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
ブラウザ上で仮想通貨を発掘する「Coinhive」がサービス終了へ
ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導