Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アンラボ、セキュリティ機器の監視サービスに参入 - オンラインゲーム会社などへ展開

アンラボは、ネットワークセキュリティ機器などの監視やレポート提供を行う新サービスの提供を開始する。販売対象としては、オンラインゲーム会社、データセンターの利用者、中堅や中小企業などを中心に展開する予定。

今回開始する「アンラボマネージドセキュリティサービス」は、セキュリティ機器やサーバをリアルタイムに監視し、レポートを提供するサービス。ウイルス対策ソフト「V3 Internet Security」を初年度分標準添付している。

24時間体制で監視する「Security Operation Center」と、インシデント発生時にリモートやオンサイトによる復旧作業などを行うSWATチーム、脅威に対してエンジンとシグネチャを提供する「AhnLab Security E-Response Center」などが連携してサービスを提供する。

監視対象サービスとして、まずはファイアウォールやIDS/IPSの運用監視サービスを開始し、今後はDDoS監視サービスやウェブ脆弱性診断サービスなどへ順次拡大するほか、対象機器のメーカーについても今後拡充していく。

(Security NEXT - 2009/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品