Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アンラボ、セキュリティ機器の監視サービスに参入 - オンラインゲーム会社などへ展開

アンラボは、ネットワークセキュリティ機器などの監視やレポート提供を行う新サービスの提供を開始する。販売対象としては、オンラインゲーム会社、データセンターの利用者、中堅や中小企業などを中心に展開する予定。

今回開始する「アンラボマネージドセキュリティサービス」は、セキュリティ機器やサーバをリアルタイムに監視し、レポートを提供するサービス。ウイルス対策ソフト「V3 Internet Security」を初年度分標準添付している。

24時間体制で監視する「Security Operation Center」と、インシデント発生時にリモートやオンサイトによる復旧作業などを行うSWATチーム、脅威に対してエンジンとシグネチャを提供する「AhnLab Security E-Response Center」などが連携してサービスを提供する。

監視対象サービスとして、まずはファイアウォールやIDS/IPSの運用監視サービスを開始し、今後はDDoS監視サービスやウェブ脆弱性診断サービスなどへ順次拡大するほか、対象機器のメーカーについても今後拡充していく。

(Security NEXT - 2009/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
複数製品を活用した脅威情報の監視通知サービス - NRIセキュア
流出監視機能を備えたPW管理サービス - ニフティ
マクニカ、S&Jを子会社化 - 経営層向けのサービスを強化
認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン