Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

譲渡目的でプリペイド携帯を購入した職員を懲戒免職 - 愛知県

愛知県は、名古屋北部県税事務所の職員が携帯電話を不正に購入したとして懲戒処分を実施した。

2007年7月や2009年4月に同職員が譲渡目的で携帯電話を不正に購入していたことから、同県では、詐欺行為があったとして同職員を懲戒免職としたもの。

同県によれば、職員は他人に譲渡する目的だったにも関わらず自分が利用するよう見せかけるなど、携帯電話販売店の店員に対して購入目的を偽り、あわせて6台のプリペイド携帯を不正に入手していたという。

匿名の携帯電話については、振り込め詐欺など悪用されていることから、携帯電話不正利用防止法が2006年より施行されており、通話可能な携帯電話の無断譲渡は禁止されている。

(Security NEXT - 2009/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宅建業者の情報提供システムに再び不正アクセス - 東京都
高技専で入学願書を誤廃棄、移転作業時に - 大阪府
個人情報含む国庫補助申請の関連書類を紛失 - 美咲町
女児虐待死事件、アンケート提供理由に職員処分 - 野田市
個人情報を不正取得、住民に押しかけた職員を懲戒免職 - 高崎市
不正データ操作や迷惑メール送信で職員を処分 - 奈良市
小学校職員を懲戒処分、個人情報持ち出しや紛失書類の偽造で - 仙台市
紙相撲の駒に個人情報、不注意で - 児童向けデイサービス
OTPトークン盗み不正アクセス、奈良県職員が懲戒免職
山形市、ふるさと納税者約1万人の個人情報が流出、一部与信情報も - 関係者を処分