Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

譲渡目的でプリペイド携帯を購入した職員を懲戒免職 - 愛知県

愛知県は、名古屋北部県税事務所の職員が携帯電話を不正に購入したとして懲戒処分を実施した。

2007年7月や2009年4月に同職員が譲渡目的で携帯電話を不正に購入していたことから、同県では、詐欺行為があったとして同職員を懲戒免職としたもの。

同県によれば、職員は他人に譲渡する目的だったにも関わらず自分が利用するよう見せかけるなど、携帯電話販売店の店員に対して購入目的を偽り、あわせて6台のプリペイド携帯を不正に入手していたという。

匿名の携帯電話については、振り込め詐欺など悪用されていることから、携帯電話不正利用防止法が2006年より施行されており、通話可能な携帯電話の無断譲渡は禁止されている。

(Security NEXT - 2009/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特定電子メール法違反で行政処分 - 杉並区のウェブ運営会社に
防犯カメラ更新時にデータ削除前の機器が盗難被害 - 西鉄ホテルズ
職員が同窓会目的で個人情報照会システムを利用 - 前橋市
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」公開 - パブコメに192件の意見
都、不正アクセス被害の宅建事業者検索サイトを再開 - 5カ月半ぶり
業務外で閲覧した個人情報を知人に提供、職員を処分 - 唐津市
なりすましで人事情報を不正閲覧、職員を懲戒処分 - 富田林市
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
個人情報の不正使用で職員を懲戒処分 - 富里市