Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

譲渡目的でプリペイド携帯を購入した職員を懲戒免職 - 愛知県

愛知県は、名古屋北部県税事務所の職員が携帯電話を不正に購入したとして懲戒処分を実施した。

2007年7月や2009年4月に同職員が譲渡目的で携帯電話を不正に購入していたことから、同県では、詐欺行為があったとして同職員を懲戒免職としたもの。

同県によれば、職員は他人に譲渡する目的だったにも関わらず自分が利用するよう見せかけるなど、携帯電話販売店の店員に対して購入目的を偽り、あわせて6台のプリペイド携帯を不正に入手していたという。

匿名の携帯電話については、振り込め詐欺など悪用されていることから、携帯電話不正利用防止法が2006年より施行されており、通話可能な携帯電話の無断譲渡は禁止されている。

(Security NEXT - 2009/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

従業員が顧客へ他顧客情報を漏洩 - 北洋銀
委託元の2病院から従業員が患者情報を持ち出し - インテック
指摘メールを削除、誤送信を隠ぺいした職員を懲戒処分 - 川崎市
元職員が顧客情報を漏洩、詐欺に悪用か - 百十四銀
2018年登録の自動車登録申請書57件を誤廃棄 - 国交省
「7pay」問題で役員報酬を自主返納、再発防止策も - セブン&アイHD
来庁者の電話番号もとにLINEへ連絡、職員を処分 - 大阪市
宅建業者情報提供システムが3カ月半ぶりに再開 - 東京都
元職員が個人情報を持ち出し、選挙活動に利用か - 平塚市
職員が住民の携帯番号を私的流用、LINEスタンプ送信 - 大阪市