Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドなど2009年前半の注目すべきセキュリティ関連技術の動向を解説 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、2009年の1月から6月までの情報セキュリティに関する技術動向を取りまとめた。

同調査報告書は、同機構の情報セキュリティ技術動向調査タスクグループによる成果で、注目すべき技術動向についてTGの専門委員が解説を行っている。

クラウドコンピューティングに関するセキュリティ動向の紹介をはじめ、安全なDNSの運用を実現する「DNSSEC」、感染が拡大したマルウェア「Conficker」など、9トピックを取り上げた。

(Security NEXT - 2009/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
「Security Days Fall 2018」を開催 - 10月上旬に東京大阪で
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
ビルシステムのセキュリティ対策ガイドラインベータ版を公開 - 経産省
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類