Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドなど2009年前半の注目すべきセキュリティ関連技術の動向を解説 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、2009年の1月から6月までの情報セキュリティに関する技術動向を取りまとめた。

同調査報告書は、同機構の情報セキュリティ技術動向調査タスクグループによる成果で、注目すべき技術動向についてTGの専門委員が解説を行っている。

クラウドコンピューティングに関するセキュリティ動向の紹介をはじめ、安全なDNSの運用を実現する「DNSSEC」、感染が拡大したマルウェア「Conficker」など、9トピックを取り上げた。

(Security NEXT - 2009/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
「Memcached」によるDDoS攻撃、3月に約4000件 - 攻撃は1年以上前から
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
グローバルでは半数がデバイスPWをパートナー同士で把握 - 日本は2割弱
攻撃パケットは前年比約1.2倍、IoT狙う攻撃が高度化 - NICT調査
仮想通貨発掘スクリプトを多数検出 - 難読化や偽装による検出逃れも
2017年はフィッシング攻撃数が大幅減 - マルウェアに移行か