Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドなど2009年前半の注目すべきセキュリティ関連技術の動向を解説 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、2009年の1月から6月までの情報セキュリティに関する技術動向を取りまとめた。

同調査報告書は、同機構の情報セキュリティ技術動向調査タスクグループによる成果で、注目すべき技術動向についてTGの専門委員が解説を行っている。

クラウドコンピューティングに関するセキュリティ動向の紹介をはじめ、安全なDNSの運用を実現する「DNSSEC」、感染が拡大したマルウェア「Conficker」など、9トピックを取り上げた。

(Security NEXT - 2009/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

5月のDDoS攻撃、件数は減少するも攻撃規模は拡大 - IIJレポート
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
セキュ市場、SaaSが二桁成長 - オンプレミス低迷
不正送金、前四半期の3分の1に - 被害額は7分の1以下
4月のDDoS攻撃、前月比約1.5倍に - IIJレポート
Wi-Fi利用者や提供者向けセキュガイドラインに改訂版 - 総務省
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査
2月のDDoS攻撃、件数減少するも29Gbps規模の攻撃
標的型攻撃、「圧縮ファイル」利用が前年比2.5倍に